安くて便利なバッグ修理店ランキング

壊れたバッグも新品同様に!本当に頼れる修理店ガイド

==================


【バッグ修理専門店】


1


シャングリラ

★★★★★


【費用】
ほつれ縫い:1,050円~
持ち手交換:6,300円~

修理依頼はこちら

==================


【バッグ修理専門店】


2


ベストリペア

★★★★


【費用】
ほつれ縫い:見積もり
持ち手交換:8,400円~

修理依頼はこちら

==================


【バッグ修理専門店】


3


メイホウネット

★★★★


【費用】
ほつれ縫い:見積もり
持ち手交換:12,500円~

修理依頼はこちら

コーチ

このページでは、コーチの人気のバッグとその修理方法・修理体験の口コミなどをまとめています。

愛用者多数!コーチの人気バッグの修理方法

コーチのバッグ、シグネチャーを修理

【シグネチャー】

コーチの一番人気は、シグネチャー柄のバッグで、形やカラーのバリエーションもとても豊かです。
コーチブランドのロゴ「C」の文字をデザイン化したもので、丸みを帯びたCの文字が並び、ランダムな流れを描いています。

修理例として多いのは、ショルダー紐・ファスナー部分の破損、持ち手部分の補修や取替えなどです。
購入後すぐになら、初期不良が認められることもあるので、正規店に持ち込めば無料取替え・修理を行ってもらえる可能性が高いです。

一方、ショルダー紐が長すぎるので体に合った長さにカットしてもらいたい場合などは正規店でのお直しは引き受けてもらえません。
カスタマイズはバッグ修理専門のお店にお願いすることになります。

コーチのバッグ(ソーホー)を修理

【SOHO】

コーチのSOHOは、バッグ中央についた大き目バックルがアクセントとなっているタイプのものです。
このラインはレザー製品も充実しているので大人が好むラインとして人気を集めています。
コーチならではの手触りの良いなめらかなレザーを使ったバッグは、使用感が抜群と言われています。

修理の多い箇所は、持ち手部分
SOHOラインに限らず、男性向けのビジネスバッグなども持ち手は劣化が最も激しい部分です。
しかしボロボロになるまで使えるということは、コーチのバッグが丈夫で長持ちする証拠でもあります。

コーチのバッグを修理した人の口コミ

  • コーチのショルダーバッグを修理したAさんの口コミ

白のショルダーだったので、気を付けて使っていましたが、やはりストラップの外側の部分が擦れて汚くなってしまいました。
お友達からバッグの修理屋さんのことを聞いて今回修理をお願いしましたら、ストラップだけでなく、全体がとてもキレイになりました。
ショルダー部分は使用していく中で負荷がかかって表面が剥離しやすいらしく、あまり色を重ねられないと聞いていましたが、
修理を終えたバッグを見ると色も擦れもキレイになっていたのでほっとしています。
今後もこちらの修理屋さんにお願いしたいと思いました。

  • コーチのビジネスバッグを修理したIさんの口コミ

数年間使ったコーチのビジネスバッグの持ち手部分が見るからにボロボロになってしまったので修理に出しました。
お店の人もビックリするくらいボロボロでしたが、修理されたバッグは見事に元通りに復活していました。
小さな傷や底のテーピング革の部分もすっかり綺麗になって気分が良いです。
底角を気遣うように使用するとバッグ全体が長持ちするとのことなので、今後は気を付けてみたいと思います。