安くて便利なバッグ修理店ランキング

壊れたバッグも新品同様に!本当に頼れる修理店ガイド

==================


【バッグ修理専門店】


1


シャングリラ

★★★★★


【費用】
ほつれ縫い:1,050円~
持ち手交換:6,300円~

修理依頼はこちら

==================


【バッグ修理専門店】


2


ベストリペア

★★★★


【費用】
ほつれ縫い:見積もり
持ち手交換:8,400円~

修理依頼はこちら

==================


【バッグ修理専門店】


3


メイホウネット

★★★★


【費用】
ほつれ縫い:見積もり
持ち手交換:12,500円~

修理依頼はこちら

グッチ

ここでは、グッチの人気バッグの修理についての情報や、バッグ修理の体験談などを紹介しています。

グッチの人気シリーズのバッグ修理について

グッチのGG柄バッグを修理

【GG】

グッチと言えば、お馴染みGGマークが並んだ人気デザインのバッグやお財布が定番ですね。
キャンバス地を使ったGGキャンバスが最も多くの方に好まれているようです。
キャンバス地と革のコンビのバッグは、使っているうちにキャンバス地が汚れて黒ずんでしまいます。
また、皮部分は擦れによるキズが目立つようになっていきます。

布製だからといって自分で洗う人もいるようですが、皮部分から色が出るため、自宅でのクリーニングはNGです。
バッグ専門の修理屋さんでは、全体を水で洗浄した後に皮部分の表面を滑らかにして染色補色が行われます。

顔料で染色しているそうですが、浸透させながら染色するので革の状態が良ければひび割れ等の心配はないそうです。
また、GGプラスと呼ばれるものは、塩化ビニールとカーフの素材を使ったもので水にも汚れにも強いのだそうです。

グッチジマのバッグ修理

【グッチシマ】

グッチの中でも最高級ラインとされていて、レザーにGGの型押しがしてあるのが特徴的なデザインです。
こちらも長く使っていくうちに手垢やシミがついたり、革の色落ちや日焼けが気になってきます。
また、ホックの部分がつぶれてしまった場合も、修理で新しく交換してもらうことができます。

修理専門店では、クレンジングで取れないような汚れは細かくシミ抜きして手垢などを取っていきます。
その後、色を補色しますが、この時は単色を使うのではなく数種類の顔料を調合して深みのある色を再現する作業が行われます。
刷毛を使って素早くムラなく染色するのがプロの技です。
グッチシマはエンボス加工されているので凹凸が無くならないように染色することが大切とのことです。

グッチのバッグ修理例とみんなの口コミ

  • グッチGGキャンバストートバッグを修理したHさんの口コミ

愛用していたGGキャンバストートを修理していただいたものです。
汚れるのは仕方ないと思っていましたが、皮部分に少し穴が空いてしまったのをきっかけに修理に出すことにしたのです。
修理品を見て本当に驚きました。皮部分の破れはもちろん、キャンバス地の部分もくすみや汚れがキレイになっていて感動です。
こんなに基に忠実に修繕していただけるとは…!
使用のコツなどもアドバイスいただいたので、今後はもっと大切に使ってあげようと思いました。

  • グッチシマの長財布を修理したOさんの口コミ

お財布、昨日受け取りました。かなり使い込んで汚くなっていたので恥ずかしかったので修理に出しました。
しかし、まさかここまで綺麗になって返ってくるとは思っていませんでした。
お誕生日にプレゼントしてもらった大事なお財布だったので、箱を開けた時は本当に嬉しかったです。
正規店よりもずっと親切に対応して下さったことにも大感謝です。また何かあったら修理屋さんにお願いしようと決めました。