安くて便利なバッグ修理店ランキング

壊れたバッグも新品同様に!本当に頼れる修理店ガイド

==================


【バッグ修理専門店】


1


シャングリラ

★★★★★


【費用】
ほつれ縫い:1,050円~
持ち手交換:6,300円~

修理依頼はこちら

==================


【バッグ修理専門店】


2


ベストリペア

★★★★


【費用】
ほつれ縫い:見積もり
持ち手交換:8,400円~

修理依頼はこちら

==================


【バッグ修理専門店】


3


メイホウネット

★★★★


【費用】
ほつれ縫い:見積もり
持ち手交換:12,500円~

修理依頼はこちら

カラーリング

ここでは、鞄の色あせ・色落ち・くすみ・変色などを修復する方法、カラーリング(色染め)について詳しくご紹介しています。

鞄の染め直し(カラーリング)の料金相場は?

【ポイントカラーリング】

部分的な色染めを中心としたケア方法です。
バッグ全体の状態は良いけれど、目立つ部分に傷や汚れがついてしまった時に向きます。
クリーニング処理後、擦れて傷になってしまった部分、シミ・汚れのある部分を染料色染め・顔料色染めして補修。
範囲としてはバッグ片面程度で、それ以上の場合はフルカラーリングとなるようです。

●料金目安
5,250円~11,550円程度(バッグの素材やサイズによって価格が異なる)
※スエードやエナメル、特殊な革、布素材、シミ・カビありの場合は追加料金が必要

 

【フルカラーリング】

クリーニングを行った後、バッグ全体の色染めを行うケア方法です。
シミや汚れ・色あせが広い範囲にある場合、フルカラーリングをしてもらうとバッグが新品のように蘇ります。
特殊な革を使っているものや、ブランドバッグの場合は追加料金がかかることがあるので事前に確認しましょう。

●料金目安
7,350円~14,700円程度(バッグの素材やサイズによって価格が異なる)

 

【リカラー(色変え)】

バッグの油分やコーティングを取り除いた後に染料で色変えを行うメニュー。
最後に色止めコーティング・栄養クリームで仕上げてくれます。
バッグ全体が汚れてくたびれた印象になってしまった場合や、飽きがきたバッグのイメチェンをしたい場合に選びます。
「そろそろ新しいバッグに買い替えたいけど、使い勝手が良くて手放せないバッグがある」という方は是非。

●料金目安
9,450円~21,000円程度(バッグの素材やサイズによって価格が異なる)
※濃い色から淡い色への色変え、スエードや合皮・ナイロン素材などのバッグには対応できない場合も

 

まるで新品!バッグのカラーリングに挑戦しよう

キズやシミのあるバッグ、古くなって変色してしまったバッグでも、カラーリングを施すと見違えるほど綺麗になります。
高級なクロコダイルのハンドバッグなどもエナメルを再度塗り重ねることで購入時の輝きを取り戻すことが可能です。

色あせが酷くて捨てるしかないかも…と悩んでいるバッグがあれば、諦めないで一度修理屋さんに相談してみましょう。